スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年ももう

 終わりですね!1年過ぎるのが本気で早いです。

 切り取りさんに寄生して夜叉クリアしたりミイラになったりと新Dを楽しみつつ、上覧にそなえて覚醒を頑張ってためました!
 威力に振りたいのを必死で我慢してようやく光矢25レベル!光矢はデフォで14とかふざけたウェイトなのでw-の項目を見たときから、振るならまずここからと決めてました。
みいら
光矢

 14が元なんだからあわよくば2・3くらい減るかなと期待してたんですが、さすがkoeiさん^^ありがとう^^
 めげずにwをもう1つ減らします…。

 持ち込み上覧のこともかかないと…とおもいつつ明日絶対書こう!絶対書くよ!


  
スポンサーサイト

なんか

 不変がアレなことなっております。

 対人で魅了、しびれは確認していないんですが、不変の上から催眠、子守が普通に入り(ry

 典的には不変必須じゃなくなるのはありがたいんですが、不具合でなければ音響・不和のある雅楽1強がさらに助長されるのはさみしい思いでございますが…。

 まどろみ・魅了で根性?!

 

ちんてん概論

 さっそくmixiの記事流用なのは秘密です。  

 編成や装備(自前・配布)によって色々とアレですが、それは後日で今回もさっくりと!


 大まかに装備で分けて神典は以下3タイプに分かれると思います。
 ①腕魅型
 ②知魅型
 ③腕型

 ①は対人矛典の王道。神職の高い魅力を活かし固定耐性をつけてタゲを狙う+腕力技能で準備をつぶせる+月>光矢で大ダメージを見込める等の利点があります。争覇前は少数派。現行では主流に。
 
 ②に関してはサポメイン。誘い、子守りで妨害+月>狙い撃ちor魂送+状況で光雨で圧しこむって感じの腕力技能を使わないスタイルに分類されます。知力も付与or知力オンリーで沈黙レジ率↑の正統派。まさにプチ怒りのある神職。
 
 ③はガチ腕力で釣られてもサポや三貴神、狙い撃ちで強引に。あわよくば光矢で大ダメージを狙うって感じの劣化版てぽースタイル。覇天までの主流派。仕様変更やイソ神秘などで①にシフト(したはず!)。

 ガチ対人で神1の場合、不変詠唱を考えると③は色々ときついので(気合廻りナド)、今は①か②の人がほとんどだと思います。


 次回は持ち込み上覧が近いことですし、配布装備時のことでも!

ちんてんはどこへいく

 ようやくmixiのパスワード判明したので廃墟となっていたmixiから記事をサルベージできるように! 一年以上前のなんで、今の仕様にあわせておいおいのっけてきたいと思います。楽しようとかそんなんじゃないですよ!?

 あとべるるんさんのとこでなんか恐ろしいご紹介(丸投げ?!)をいただいたので、対人における神典の独断と偏見に満ちた考察?も書いてこうかと!


 ってことで今回は軽くさわりで。

 周知のとおり争覇に入ってからn、pともに神典はまじ氷河期です!

 覇天までは腕魅付与をして、武士の釣り位置さえ注意すれば鉄砲以上の火力で矛出来てたわけなんですが、争覇後はpの生命防御力のインフレ+回復量2倍+不変詠唱オンライン+他矛職の強化によって非常に厳しい立場になってます…。

 そんな中で対人で生き残るにはどうすればいいのか!
 ・・・。
 ・・。
 ・。


 以下続刊(ry

密教が

 なんとか育ってきたので先週に続き対人に引っ張りだしてみました。

 攻略とか考えてイムにしようか悩んだんですが、神典の詠唱の手間を省く為のエコー欲しさに密教に…。

 沈黙レジ+エコーの気合確保+完全の止めにくさから魅力でなくて耐知振りです。おかげで孔雀はまだいいんですが、懲悪の消費気合いがえらいことになってるのは秘密!
僧

 あと市をふらっとみていたらえらいものを発見しました。
これです

 本気で限界な鍛練弓です…。矛典魂に火が付きスプー*さんに買われる前に思わず両替に走ってしまいました。

 矛典的にダメキャップ解放+係数変化+技能覚醒に一縷の望みをかけます!

土日は

 西の知人メインで徒党組んであそびました!

 ホストの本願寺は過疎の覇王の中でも1,2を争う過疎国。対して相手の斎藤は合戦参加人数が国単位ではトップクラスなので金曜はえらい目にあいましたが、土日は対人2つ組んでたのでフォローしあって(?)比較的自由に動けました。

 土日はさみしいことに押し出しさんいなくて相手に対人なし。ひたすら武将徒党をもぐらたたき。。。

 N実装らしく叩いたら即逃げってパターンが多かったです。正直対人編成で、対人実装でも武将普通に狩れるのになぁと思いつつ、だいさこ復帰おめでとう!?
だいさこ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。